合宿免許 安い 最短 おすすめ

合宿免許とは?

合宿免許 免許 取得

合宿免許とは、一定期間合宿をして自動車運転免許を取得することをいいます。

合宿免許は、短期間で自動車運転免許を取得することが可能です。

自動車教習所が用意した宿舎施設に滞在しながら、自動車運転教習を受けます。

合宿免許は、入校から卒業までスケジュールが決まっているので、教習を効率よく受けられます。

教習は毎日あるので、運転操作が早く身に付きます。

最短で普通車ATは14日、普通車MTは16日で卒業することができます。

学生等の春休み、夏休み、冬休み等、長期休暇が取れる方にオススメです。

また、合宿免許は、旅行感覚で免許を取得できるというのも魅力的です。

料金は、技能補習・検定料金、往復の交通費、宿泊代、食事代等を含んだ、卒業までの料金設定になっているので、安心して免許を取得することができます。

(詳細は各教習所によって異なります)

卒業後は、通学する教習所と同様に、住民票がある都道府県の試験場で、学科試験合格後に運転免許を取得することになります。


合宿免許サイト比較対象

合宿免許ドリーム 合宿免許受付センター ユーアイ免許

合宿免許ドリーム

合宿免許受付センター

合宿免許 ユーアイ免許

免許合宿ライブ 合宿免許プラス 教習所.com

免許合宿ライブ

合宿免許プラス

合宿免許 教習所.com

合宿免許ドリーム

合宿免許ドリーム

当サイトでは、中でも「合宿免許ドリーム」をオススメしています。

合宿免許ドリームは、どこよりも最低価格をお約束します」ということです。

「他社より高ければ、同額にお値引します!」ということなので、合宿免許教習所を探すには「合宿免許ドリーム」と、他の合宿免許紹介サイトを比較する必要があると思います。

また、「合宿免許ドリーム」に自分が行きたい合宿免許教習所が提携されていなかった場合は、「合宿免許ドリーム」ではどうすることもできません。

そのような時のために、他社の提携している合宿免許教習所を一覧にしています。

比較の際にご利用ください。

自動車運転免許を取れなかった友人のエピソード

合宿免許 免許 取得

高校時代、私は4月生まれだったので、すぐに教習所を申し込んで運転免許を取得しました。

教習所に行く際に、仲が良かった友人も誘ったのですが、彼はその時、「お金が無い」という理由で教習所に行けませんでした。

その後、大学に進学した彼でしたが、大学時代クラブ活動に熱を入れていた為、これまた教習所に行くことが出来ませんでした。

やがて彼は社会人となり、今度は仕事が忙しくなって、教習所に通う時間が完全に無くなってしまいました。

この間、高校時代の同窓会があって運転免許の話しになったのですが、とうとう彼は運転免許を取得することを諦めていました。

彼は、「なぜあの時、無理をしてでも運転免許を取りに行かなかったか」と、物凄く後悔していました。

運転免許というものは彼のように、結局取らず仕舞いで終わってしまうような人も、意外に多いということがわかりました。


運転免許証|身分証明書として必要不可欠でした

運転免許証 身分証明書

運転免許証というものは、何かにつけて身分を証明する時に必要です。

健康保険でも身分を証明することはできますが、健康保険には顔写真がついていないため、身分証明できないものもたくさんあるんです。

身分を証明するものが自分でお金を払って取得する運転免許証やパスポートしか無いということは矛盾していると思うのですが、矛盾だらけの日本政府がその現状を野放しにしてきたので、泣き寝入りする以外方法が無いというのが現状でした。

最近では住民基本台帳カードで写真付きのものは身分証明として使えるようですが、馴染みが無いため使い勝手の方は不明です。

運転免許証を持っていない人にとっては利用価値はありそうですね。

でも、運転免許証を持っている人には無用の長物です。


合宿免許|友人はアッと言う間に免許を取得!!

合宿免許 免許 取得

私は、教習所に通いで運転免許を取得しました。

私が通った教習所は公認ではなかったため、運転免許証を取るまでものすごく遠回りをしてしまいました。

公認ではない教習所は学科試験も実地試験も免除にならないんです。

だから、運転免許試験場に学科と実地を受験しに行かなければならないんです。

学科は1発で合格しましたが、実地は仮免許の試験で3回落ちました。

本試験で6回落ちました。

試験場の試験は教習所の試験よりも難しいと言われており、私も話を聞く限り、本当にそう思いました。

一方、私の友人は私よりも後から合宿で免許を取得しました。

わずか2週間ですよ!!

それも格安価格で!!

私はと言うと、確か6ヶ月近くかかりました。

金額も当然ながら、割高になってしまい、もう少しで期限が切れるところでしたから。


合宿免許|短期集中型なので技術が身に着く

合宿免許 免許 取得

私の後から合宿で免許を取得した友人と未だに遊んでいます。

ゴルフや釣りに一緒に出かけたりしています。

その時は、1台の車で出かけるのですが、私はいつも「運転技術は彼に完全に負けている」と思い知らされています。

お互いにやや大きめのクルマを所有しているのですが、彼は見事にでかいクルマで細い路地裏をいとも簡単に突き進んで行くんですよ。

私はと言うと、教習所の期間が長かったせいでちゃんとした技術が身に付かず、変な癖が付いてしまったんです。

だから、「ここは自分では1回切り返さないと1発では通過できないな!!」ということがよくわかるんですよ。

運転で変な癖がつてしまうと、なかなか治らないんですよ。

やはり運転免許は短期集中型の合宿免許の方が良いと、本当につくづく思い知らされます。


自動車の運転|山道ではエンジンブレーキで速度を落とす

山道ではエンジンブレーキで速度を落とす

私は、山道や雪が残ってる山の運転でブレーキパッドがやられてしまったり、崖に落ちてしまったクルマなんかを何回か見たことがあります。

山道では下り坂ではブレーキを使うタイミングが多くなるのですが、フットブレーキでスピードを落とそうとするとブレーキパッドが焼けて効かなくなってしまうんですよ。

だから、シフトレバーでエンジンブレーキをかけながらスピードを緩めなければいけないのですが、それを知らない人がたくさんいるんですよ。

学科ではそのような問題が出るのですが、実際に実地では多くの人がそのような経験はしないでしょう。

殆どの人が初めての山道でブレーキパッドを焼いてしまい、ブレーキが効かなくなって焦るんですよ。

雪山の場合も同様で、下手にフットブレーキなんかを効かそうものなら、ハンドルを取られてしまい、真っ直ぐ走行することができなくなるんです。

例え、雪がところどころに少ししか積もっていない場合でも、絶対にフットブレーキは踏んではいけないんです。

これらのことは、初めて山道の運転を体験する人は、殆どの人が体験することなので、心がけておいてくださいね!!

合宿免許なら、山道を体験させてくれるところもあるかもしれませんね!?

体験できるのなら是非体験しておくべきだと私は思います。

ブレーキが効かなくなって死んでしまう人だっているのですから。